FC2ブログ

茶の湯釜 高橋敬典の世界

茶の湯の文化を支える風雅な様式美と移ろう季節への想い。その限られた制約の中で、芸術の粋にまで高める名匠の技と心。燃え滾る鉄に魂を込め、生涯を通して釜肌を研究し続けた重要無形文化財保持者(人間国宝・茶の湯釜)、高橋敬典の世界を御紹介致します。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

重要無形文化財保持者 高橋敬典 ~ 茶の湯釜ができるまで

重要無形文化財保持者 人間国宝 高橋敬典 ~ 茶の湯釜ができるまで






■茶の湯釜ができるまで
遠い昔の人の手作りの品々にはそれぞれに生活の知恵と真心が満ちて居ります。
それでこそ使い込んだ美しさが生きてくるのでしょう。
伝来の家業としてこの仕事に携わり毎日工芸品の製作を続け得ることは心からの喜びであり、もしその製品が人々に喜びを与えることが出来れば、比の上なく有意義で楽しい人生だと思います。
                                             高橋敬典
スポンサーサイト

| 茶の湯釜ができるまで | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

茶の湯釜ができるまで

遠い昔の人の手作りの品々にはそれぞれに生活の知恵と真心が満ちて居ります。
それでこそ使い込んだ美しさが生きてくるのでしょう。
伝来の家業としてこの仕事に携わり毎日工芸品の製作を続け得ることは心からの喜びであり、もしその製品が人々に喜びを与えることが出来れば、比の上なく有意義で楽しい人生だと思います。
                                             高橋敬典



| 茶の湯釜ができるまで | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。